症状をやわらげる効果があります

毎年冬が近づくと、インフルエンザの予防接種をしましょうと、あちこちで呼びかけがありますね。しかし中には、予防接種をしたのにインフルエンザにかかった。という人もいるのではないでしょうか。インフルエンザの予防接種って必要あるの?という疑問は、みなさんお持ちだと思います。そこで、インフルエンザの予防接種について、詳しくまとめました。副作用などもあるので、みなさん参考にして予防接種に望んでくださいね。

インフルエンザの予防接種はワクチンタイプ

ワクチンのインフルエンザ予防接種

予防接種には、ワクチンのものとそうでないものがあります。現在主流のインフルエンザの予防接種は、ワクチンタイプです。インフルエンザの菌は、もともと人の体にはありません。ですので、インフルエンザに感染すると免疫がないので、体が抵抗できないまま症状が発生してしまうのです。それを防ぐために作られたのが、インフルエンザワクチンです。体内に少量のインフルエンザのワクチンを投与し、インフルエンザ菌を入れます。発症しない程度の量なので、心配は要りません。インフルエンザ菌が投与された体はインフルエンザの免疫ができますので、インフルエンザにかかりにくくなる、という仕組みです。

しかしながら、インフルエンザに絶対にかからないというものではないのが事実です。インフルエンザに万が一かかっても、症状が悪化するのを防ぐことが、予防接種の本来の目的です。そこを理解せずに予防接種を打ち、インフルエンザにかかると、予防接種の意味がなかったという捕らえ方になってしまうのですね。本当に予防接種が効いていないというわけではなく、むしろ軽い症状ですんでいるのかもしれないのです。

ですので、そういった意味ではインフルエンザの予防接種は効果的であると言えるでしょう。

副作用は?

完全な予防にはならない

インフルエンザの予防接種で心配されているのが、副作用です。特にお子様をお持ちのお母さんからの心配が多く、本当にしても大丈夫なの?という声は毎年聞かれます。

インフルエンザの予防接種に限らず、予防接種には副作用が少なからず発生します。インフルエンザの予防接種で見られるのは、注射を打った部位が赤く腫れる・発熱・けいれんなどです。しかしどの場合も、重症化するケースはほとんどなく、心配のないものばかりです。よく言われるのは、アレルギーと反応してしまうのではないか、という不安です。これも

とされています。インフルエンザの予防接種は毎年世界中で行われていて、安全性は高い基準で作られています。ですので、少しシビアになりすぎているのではないか?という声があるのも事実です。もちろんアレルギーや副作用の心配のある方は、医師に相談してから行うのをおすすめします。