インフルエンザは風邪と全く違うメカニズム

インフルエンザはよく「風邪が重症化したもの」という誤解を持っている方がいますが、風邪にかかるメカニズムとインフルエンザが発症するメカニズムは全く異なります。ただの風邪だと思っていたらインフルエンザだった、とならないように正しい知識を身につけておきましょう

インフルエンザは風邪とは異なり、インフルエンザウイルスに感染することで発症します。その症状は38度を越える高熱をはじめ筋肉痛や頭痛、倦怠感といった全身症状で、健康な人でも治癒までに一週間ほど必要とします。また幼児やお年寄りは重症化することもあり、脳炎などで死に至るケースも報告されています。インフルエンザはただの風邪じゃない

流行の時期

インフルエンザは12月頃から徐々に流行し始め、1月から3月にかけて全国的に流行のピークとなります。その感染力は凄まじく、学校や職場で爆発的に広まることで知られています。予防のためにワクチン接種が毎年医療機関で行われていますが、これはウイルスに感染した場合に症状を軽くするためのものであって、予防接種をしたから絶対にかからない、というものではありません。予防のためには普段から規則正しい生活を送り、日々の免疫力を高めることが重要となります。

予防接種について

自主的にインフルエンザの予防接種を受けに行く方も多いですが、任意でインフルエンザワクチンの予防接種を行っている職場もあります。ワクチンは、効果が出るまで2週間ほどかかり、2カ月ほどで効果が薄れてきます。医院にもよりますが、10月中から始まるところもありますが、大体11月から1月末まで、接種時期を設定しているところが多いです。ただ、上に書いたとおり、効果自体には有効期限のようなものがあります。そのため、接種時期が始まってすぐ打ってしまうと、いざ流行が始まったときには効き目が薄くなっている可能性があります。また逆に、インフルエンザが流行りだした、あるいは家族の中に発症者が出た、といってすぐに打ったとしても効果が出るまで時間がかかるため、すぐには効きません

そのため、接種時期については、周りの状況をよくみて、決める方がいいでしょう。医院によっては、2回の接種を推奨しているところもあります。こちらは、1回より、2回のほうが効果が高い、という点からです。この場合も、1回目と2回目の間は2週間以上あけて接種することになっています。受験生や、小さいお子さんなどは、念のために打たれる方も多いです。しかし、2回接種したから、あるいは1回でも接種したからといって、インフルエンザにならない、というわけではありません。やはり、加湿をしっかりして、手洗いうがいなど、予防に努めることが大事です。部屋の湿度はできるだけ60%以上に保つことが推奨されています。

一度発症すると重い症状をもたらすインフルエンザウイルス。どれだけ気をつけていても身近な人が感染する場合もあります。万一の場合でも重症とならないために、可能な限り毎年しっかりと予防接種を行いましょう。そして、かかってしまった場合は事故判断せず、医師の指導の元に適切な治療を心がけましょう。