まず感染しないために

インフルエンザは元々あまり感染力は予防にタミフルを服用高くありません。同じ部屋で寝起きしている状況でも、体調管理さえしっかりしていればノロウイルスのような感染力の高いものよりずっと感染しません。ある一定量を保菌しない限り発症はしませんので、菌が身体で繁殖しない限りは発症しないということになります。看病している人は、マスクをして患者に接触した場合は手洗いを励行するようにします。

出来れば、換気をすることと、湿度が低いことも感染の要因になりますから加湿器を使用します。また、マスクをすることにもとても効果があります。何故なら、マスクは粘膜を乾燥から守ります。粘膜が乾燥することにより、ウイルスに対して防御機能が弱まってしまうからです。

インフルエンザの特効薬

インフルエンザを発症してしまった場合、発症から48時間以内のタミフルの投与が推奨されています。タミフルは、インフルエンザのウイルスの増殖を防いでくれます。できるだけ早めの服用を心がけましょう。タミフルの服用により、治療期間の短縮や合併症を発症する患者さんも減っています。インフルエンザの合併症には中耳炎などの軽いものから肺炎など高齢者には危険な症状まであります。また、10歳未満のお子さんにタミフルを飲ませる場合、48時間以内は異常行動の可能性があるので目を離さいないように気をつけましょう。

予防にタミフルが必要な人

インフルエンザの予防と言えば、ワクチンによる予防接種ですが、なんと効果が高いとされているのが、インフルエンザの特効薬のひとつタミフルを予防薬として服用するということです。

インフルエンザの薬は、医療機関でなるべく早い投与が推奨されてきました。しかし、予防が目的とした投与は推奨されてきませんでした。しかし、最近では欧米や日本でこのタミフルの予防投与がはじまりました。予防投与が認められた理由には、インフルエンザ患者の入院を減らす、入院期間の短縮、インフルエンザ重症化の予防といった目的があります。また、看病する人が限られている、看病する人がインフルエンザにかかってしまうと都合が悪いという場合にも非常に有効な方法です。

ただし、薬局で予防を目的に薬を処方してもらう場合は、インフルエンザの症状が出ているわけではありませんので保険適用外になってしまうことがあります。それを摂取する人が予防の必要な状況であれば、保険適用になる場合もあります。

完全に発症する前から1日1錠タミフルを使用することにより、菌が増えることを抑え効果が高いとされています。その他には、インフルエンザにより合併症にかかる可能性がある方やインフルエンザが重症化する可能性がある方にも、インフルエンザ予防にタミフルを使用することが認められています。慢性的に呼吸器に疾患のある方や心疾患のある方や、糖尿病の患者さんなどが当てはまります。また、高齢者やがんなどの患者さんなども含まれます。

タミフルは怖いイメージがありますが、医師の指導のもと上手く付き合えば、インフルエンザを予防、また症状を軽くしてくれます。予防と日常の体調管理に気を付けていれば、インフルエンザはそれ程怖がることのない病気のひとつと言えます。