インフルエンザの症状が出たら早めに病院へ

インフルエンザは疲労が溜まっている時や気が緩んだ時などにかかりやすいです。感染力が強く、同居人や近くの人が感染するとあっという間に広がってしまうので予防が大事になってきます。主な初期症状としては悪寒、体の節々の痛み痺れ、歩くのが精一杯、吐き気、腰の痛み、など様々です。一番はやはり悪寒と体の痛みが見られたら要注意です。

インフルエンザに感染しても普通の風邪、と思って病院へ行かずいつのかにか治っているということもあるようです。インフルエンザかどうかは病院で看てもらうしか判断出来ないのでです。

インフルエンザの検査

インフルエンザの検査は簡単にできます

インフルエンザかもしれないと思ったら、病院で検査を受けましょう。全国の病院で受けることができます。検査によりインフルエンザの感染の有無、型が判明します。インフルエンザの検査でかかる費用は全国共通で、保険が3割負担の場合は2000円弱ほどです。検査方法は、細い綿棒を鼻や喉の奥に入れ、粘膜を拭います。

その後検査キットにより判定します。大体15分程ので終わる簡単な検査です。痛い場合もありますが、綿棒が浅すぎて痛くない場合は正しく検査できていない場合もありますので、一度検査した病院でインフルエンザと判断されなくても、検査方法のミスにより誤診されてしまう場合があります。インフルエンザと診断されなくても症状が酷い場合はもう一度検査してもらい、抗インフルエンザ薬を処方してもらう必要があります。

タミフルなどのインフルエンザ治療薬

また、検査を受けるタイミングが早過ぎる場合も同様にインフルエンザと診断されないことがあります。基本的にインフルエンザを発症してから12時間以上経ってから検査を受けると確実です。何故なら、ウイルスの数が少なすぎると検査キットで正確に判定することができないからです。インフルエンザウイルスは体内で爆発的に増えますが、12時間以内では判定するのに数が足りない場合があります。

しかし、タミフルなどの抗インフルエンザ薬はできるだけ早めに飲めば飲むほど効果があります。抗インフルエンザ薬は、ウイルスの増殖を止める効果があります。できるだけ48時間以内に飲み、ウイルスの増殖を食い止めましょう。なので、インフルエンザ検査をするときは12時間以上48時間に検査をするのが治療に最も効果的であると言えます。

水分補給は、経口補水液で!

インフルエンザの治療法としては病院で処方してもらったタミフルやその他の薬です。食事面ではなにも食べられなくなるぐらい具合が悪くなりますが、脱水症状にならないためにも水分だけは良く摂取しましょう。

特に、電解質が失われてしまうので、できれば経口補水液(スポーツドリンクなど)などの電解質や糖が含まれた飲み物を飲みましょう。高熱が続き大量に汗をかくので、流動食など食べやすいモノから口にしていけば、徐々に食べられる様に回復してきます。インフルエンザの感染対策は予防接種や日頃の疲れを溜めない、食事での栄養面管理、手荒いうがい、マスク、など基本的な事で防げることができますが、油断した時や免疫力の低い時がかかりやすいのでこれからの季節は注意が必要です。