インフルエンザの予防や、万が一感染しても重症化しないために、予防接種を受けるのは大切なことです。特に、インフルエンザにかかると大変な妊婦さんやその家族、受験生の方、仕事が忙しく休めない方にも、予防接種は万が一に備えることのできる重要なものになります。そのインフルエンザの予防接種は、受ける時期を間違えるとせっかくの効果が台無しになってしまうことも。インフルエンザの予防接種を受ける最適な時期を知っておかないと、予防接種が無駄になってしまいますよ。今回はインフルエンザの予防接種を受ける時期についてまとめました。

摂取から1~2週間で効果が出てくる

予防接種の予約をしてみては

インフルエンザの予防接種は、受けてすぐに効果がでるものではありません。ですので、インフルエンザのピーク真っ最中に受けても、その効果は先になってしまうのでピーク時期の予防にはならないのです。予めインフルエンザのピークが予想される時期を調べておいて、その1~2週間前に受けるのが最も効果的な方法となります。

そのあと3~4ヶ月かけて、予防接種の効果は徐々に減っていきます。その人の体調や環境などによって変わることもありますが、平均して4ヶ月くらいはもちますので、最も流行る時期の間は予防の効果が期待できることになります。正しい時期に摂取することで、一度の摂取でその年のインフルエンザは予防できるということです。ですので正しい時期に受けるのはとても大切なことです。流行の時期は毎年時期が若干ズレたりもしますので、テレビやネットで調べたり、病院に聞いてみたりしましょう。

予約しないとワクチンがなくなる?

1−2週間で効き目が出てくる

インフルエンザの予防接種には、毎年多くの人が押し寄せます。日本では毎年たくさんのワクチンが出回りますが、人口の数ほどないのが現実です。ですので病院によっては、予約だけで締め切り、なんてこともあるようです。確実にインフルエンザの予防接種を受けたいのであれば、予約しておくことをおすすめします。特に小児科や、老人向けの診療所ではインフルエンザの予防接種を受ける人が毎年殺到しますので、人気のある病院や人口の多い地域だとなくなってしまうこともあるようです。もちろん当日予約で受けられる病院もたくさんあるかと思いますが、万が一に備えて予約しておくと安心ですよね。

ワクチンが品切れにはならなくても、ピーク時に備えた最適な時期には予約がいっぱいで、受ける時期がズレてしまうと効果が出るのも遅れてしまいます。やはりでしょう。