爪を噛む癖をやめたいやめた方がいいのはわかっているのに、ついつい爪を噛んでしまう。なかなかやめられない爪を噛む癖に困っている人も少なくないのではないでしょうか。恋人や家族、大切な人の爪を噛む癖をどうにか治してほしいと思っている人もいるかもしれません。そんなあなたの為に、爪を噛んでしまう原因とその対処法をご紹介します!

1.どうして噛んでしまうの?

爪を噛んでしまう多くの場合はストレスに起因しているとされています。赤ちゃんが指しゃぶりをするように、人間は本能的に口元に手を触れさせることで安心感を得ると言われています。いらだちや欲求不満等、精神的な不安定さを感じた時に思わず爪を噛んでしまう人も多いのではないでしょうか。

また、幼少期の子供が愛情不足や不安感を感じた場合にも爪を噛むことが多いと言われています。爪を噛むという行為は指しゃぶりのような安心感を得るため動作であると同時に、身体の一部を傷つけるという「自傷行為」の一種であり、どうしても爪を噛む癖をやめられない場合はその原因となる精神的ストレスは無いか、一度振り返ってみても良いかもしれません。

2. どうすればやめられるの?

上記のように爪を噛んでしまう精神的原因が何か一度考えてみるというのが根本的な治療ですが、その他の方法で克服した人も多くいます。また、精神的な原因が解決した場合も爪を噛むという行為のみが単なる癖として残ってしまうケースもあります。具体的にどうすれば爪を噛むという行為をやめられるのでしょうか。

女性であれば爪にマニキュアを塗ってみたり、男性であれば口にした時に不快を感じるようなハンドクリームを塗ってみたり、絆創膏を貼ってみるというのも一つの方法です。また、噛んでしまう爪の指を1つに特定し、そのほかの爪は噛まないようにすることから始めてみるのも良いでしょう。

3. 爪を噛み続けると何が起こるの?

爪は指先を保護するために存在します。噛み続けることで爪が変形したりぼろぼろになってしまうと、指先の繊細な感覚を失ったり、ち密な作業が出来なくなったりします。また、爪先が常に刺激されて縦に伸びることが出来なくなると、爪は横に伸びようとし、横に広い爪へと変化し、常に噛まれていると噛みやすい柔らかな詰めに変化していくと言われています。手指は日常生活で隠すことのできない場所。人と接する際も意外と注目されることの多い場所です。美しい爪を保って、清潔感のある綺麗な手先を目指したいですね。

4. 癖を治すお供に…

爪を噛む癖を治す対策グッズとして苦みのある成分を含んだトップコートが販売されています。一度癖になると爪を噛んでいることに自分でも気づかない場合もありますが、味覚を刺激されれば爪を噛んでしまったことに気付くことができますし、本能的に爪を噛むことが嫌にもなります。

また、グッズではありませんがどうしても爪を噛む癖がやめられない時は、カウンセリングなどを受け専門家のアドバイスを仰ぐというのも方法の一つです。

いかがでしたか?上記を参考にまずは一つ、今から始められる対処法を取り入れてみましょう!