キャベツは胃に優しく逆流性食道炎にいい

逆流性食道炎という病気をご存じですか?意外とこの症状に苦しんでいる人は多くいるのです。そんな食道炎に悩む人のために、症状を緩和するために知っておきたい食事について考えてみましょう。

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎は、胃酸が逆流してしてしまう病気です、そのために食道が炎症してしまうのです。そのためにこの病気を抱えている人が気を付けるべきことは食事です。特に胃酸の分泌を活発にさせる食べ物、胃に刺激を与える食べ物は避ける必要があるのです。食事がカギを握ってきます。

逆流性食道炎の人にNGな食べ物

胃への刺激を多く含むものはNGです。たとえば天ぷら揚げ物など油を多く使った料理は、油が刺激物となり逆流性食道炎を悪化させます。また糖分・塩分がたくさん含んでいるものもNGです。そのためにレトルト食品や冷凍食品、パウチ食品などの加工食品は避けるようにしなければなりません
飲み物では、アルコール類や、炭酸飲料、コーヒーは胃への負担がとても大きな飲み物です。胃の中の酸を増やしてしまい、逆流する可能性を高めてしまうからです。

逆流性食道炎の人にやさしい食べ物

乳製品も逆流性食道炎にはプラス

それでは、逆流性食道炎にやさしい食べ物とはどのようなものがあるでしょうか?

牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品がおすすめです。その理由としては、乳製品が胃の粘膜をやさしく保護してくれるからです。イメージで言うと、粘膜の上に膜をさらにかぶせる感じです。ただしヨーグルトや牛乳などは冷たいまま摂取してしまうと、胃への刺激となります。常温に戻してから摂取するようにしましょう。さらに胃酸を抑えるという働きもあります。

胃酸によって破壊されて炎症を起こした胃の粘膜を修復させる働きのある食べ物としてキャベツや卵があります。簡単に手に入るものですので積極的に摂取していきたいものです。胃酸も抑えてくれるために一石二鳥です。さらに大根や山芋も胃へやさしい食べ物です。 ジアスターゼと呼ばれる成分を多く含んでいます。この成分は、消化を助ける役割があります。消化がうまくいくと胃酸が逆流することもありません。

上手に付き合う

逆流性食道炎の原因はストレスとも言われています。そのために真の解決方法はストレスをなくすことです。しかし生活していくうえでストレスが全くないということはありません。ですので、上記に挙げたような逆流性食道炎によいとされる食べ物を積極的に摂取することで、上手に病気と付き合っていきましょう。