肺炎と聞くと、とても重い病気のように感じますよね。肺炎は悪化するとなかなか治りにくく、治療も難しくなってきます。人にうつる可能性もありますので、早めの処置をとりたいものです。

しかし、実際に肺炎の主な症状はみなさんご存知でしょうか?自分や周りの人が肺炎になっしまう前に、その症状を知っておくことはとても大切なことです。そこで今回は肺炎の詳しい症状をまとめました。もしものときの為に、知っておいて損はないはずです。

風邪とどう違うのか

のどの痛みは肺炎?

肺炎は、よく風邪と勘違いされることがあります。それは症状が似ているからです。ですので風邪と間違えてしまうのも無理ありません風邪になると、通常一週間前後の期間に咳や鼻水、頭痛などといった症状と共に発熱しますよね。そしてこららの症状は時間の経過と共に和らいでいきます。

肺炎も、同じように発熱し咳が出たり喉に痛みを感じます。しかしこれらは風邪のように一週間では改善しません。一種間経っても風邪が治らない、喉の異常が長続きしている。そんな場合は肺炎を疑いましょう。

主な症状

医師の診断を受けましょう

肺炎にかかると、徐々に症状が悪化してきます。肺炎を疑うようなら、一度自分で体調をチェックしてみましょう。肺炎の主な症状は、まず喉の痛みが悪化し、常に咳が出ます。そしてタンの量も増えて、透明ではなく緑色で粘りのあるものに変わってきます。激しい咳が続くので、頭痛や胸の痛みを感じます。そして発熱し、38℃以上の熱が長期間続くこともあります。咳のせいで呼吸が困難になり、夜も眠りにくくなってしまいます。このように肺炎の症状は重く、日常生活にも支障をきたします。食欲もなくなりますので自分で栄養補給を摂ることも難しくなってきます。

原因は?

肺炎のは、細菌性ものもとウイルス性のものがあります。これらは飛沫感染や空気感染するので注意が必要です。病院や老人ホームでの感染も十分考えられます。

治療方法

肺炎はその症状にもよりますが、薬による治療が可能です。まだ初期段階でしたら、薬を飲み出しておよそ10日ほどで治る人が多いようです。そして保温も大切になってきます。薬の効果と喉や体を温めることで、体内の肺炎のウイルスや細菌を退治することができます。症状がひどくなると、入院治療が必要になります。こうなると1ヶ月ほどかかってしまうこともあるので、なるべく早い段階で肺炎に気付いておきたいですね。

肺炎は風邪の延長でかかってしまうことも多く、年齢に関係なく多くの人が苦しんでいます。肺炎は誰もがかかってしまう可能性のある病気で、普段から気をつけなければなりません。やはり疲れが溜まっていたり、健康管理がなっていないと免疫力が落ち、そういう状態のときに肺炎にかかってしまうことがほとんどです。

毎日の体調管理は、病気の予防に必ず繋がります。そして少しでも体調がおかしいと感じたら、早めに病院を受診することもとても大切です。