中高年になると増えて来る五十肩。何もしていなくても肩が痛い、腕が上がらない、など50代の人特有の病気です。日常生活に支障をきたすほどに重症化してしまうケースもあります。ここではその原因、どんな病気なのか、治療法などを解説していきます。

五十肩ってなぜ起こるの?原因は?

五十肩五十肩とは正式には「肩関節周囲炎」という病名で、その名の通り肩関節の周囲に起こる炎症のことをいいます。残念ながら、五十肩の原因は明らかにされていません

どんな病気?

肩が痛い時、私たちは肩こりを思い浮かべます。そのため、五十肩と肩こりを間違えてしまう人も多いですが、この2つの病気は全く違うものです。肩こりは首の付け根の筋肉の疲労により起こるものですが、五十肩は肩関節の周囲の炎症により起こるものです。

五十肩は一般的には片側にだけ発生します。回復後に同じ側に再発することはほとんどありません。また、五十肩は腕を上げる途中には痛みがありません。上がりきって、これ以上は上がらないという動作の途中で痛みが起こることがほとんどです。そうではない痛みの時には、他の疾患との判別が必要となるので注意しましょう。

症状

五十肩の症状は、肩から腕にかけての痛み、腕の動きが制限されてしまうことの2つです。腕をねじったり上下させると肩に痛みが起こります。痛みは突然起こることもあるし、だんだんと痛くなることがあります。痛みと同時に肩の腫れや熱を感じることもあります。

痛む場所は肩から二の腕にかけてが多く、初めは肩を動かす時にだけ痛いだけですが、病気の進行により動かさなくても肩が痛み、思うように腕が上がらなくなっていきます。また、時間が経つとひどい炎症はなくなりますが、その過程で繊維質の物質が出て来て、肩の動きが悪くなってしまうのも症状の1つです。

治るまでの時間

五十肩の治るまでの時間は人それぞれ違って来ます。完全に元通りに動くようになるには相当な時間がかかるかもしれません。ただ、不便を感じずに日常生活を送れるようになるまでは3ヶ月から半年、長い人は1年くらいの時間がかかるでしょう。

治療

五十肩の治療には、安静薬物療法運動療法を順番に検討しましょう。

安静

痛みの強い時期には肩を上げたりする動作で負担がかかってしまいます。そのため、安静を保たせるようにしましょう。三角巾を使って患部を固定し刺激を極力減らすようにします。

薬物療法

炎症を静めるには消炎鎮痛剤を内服します。激しい痛みの時にはステロイド薬を患部へ直接注射することもあります。

運動療法

痛みが弱まって来たら、肩関節の拘縮予防と改善のために運動療法を開始します。肩を温めながら少しずつ動かして回復期には積極的に肩を動かすようにします。

ほとんどの場合手術などは必要ないです。治療は長期にわたるため、自発的な運動療法の継続が必要です。そのため、患者自身が積極的に治療に取り組むことがもっとも大切な治療法といえます。