一度は誰でもスラリと細く引き締まった美脚に憧れたことがあるのではないでしょうか。食事制限をしたり、有酸素運動でカロリーを消費したり、通常のダイエットに励んでもなかなか簡単には手に入らないのが美脚。簡単な筋トレでふくらはぎを集中的に鍛えれば、美脚に一歩近づくだけでなく代謝が良くなり痩せやすい体質になりますよ!

1.気付いた時に鍛えよう!つま先立ちで「ながら筋トレ」

すらっとした足はふくらはぎが大事!

いつもより高いヒールを履いた時や背伸びをした時、ふくらはぎに力が入っているのを感じたことはないでしょうか。つま先で立つという動作は最も簡単にふくらはぎを鍛える方法の一つです。電車での移動時間やオフィスでコピーを取っているとき、お料理中や歯磨き中など、気付いた時にふくらはぎを意識しながらつま先立ちをする習慣をつけましょう。

2.座りながらできる簡単筋肉トレーニング!その1

テレビを見ながら、本を読みながら…座りながらできる筋トレを2つご紹介しましょう。椅子に深く腰掛け、片足をまっすぐ伸ばします。ふくらはぎが動いているのを感じながらつま先を前後にゆっくりと動かしてください。左右交互に15回ずつ程繰り返せば、足がすっきりと軽くなるのを感じるはずです。筋肉が鍛えられるだけでなく、むくみも解消されますよ!

3.座りながらできる簡単筋肉トレーニング!その2

膝が90度に曲がるように椅子に腰かけます。かかとを床につけたまま、つま先を上にあげます。ふくらはぎが伸びて筋肉がストレッチされるのがわかるはずです。気持ちが良いと感じられる角度で、気持ちが良いと感じられる回数だけ繰り返してください。何か他の作業をしながら気付いた時に行うことのできる手軽なトレーニングですので、ぜひ日常生活に取り入れてみてくださいね。

4.いつもの動作に一工夫。階段はつま先立ちで登ろう。

1~3のトレーニングに慣れたころには、運動能力が少しずつ上がって脚の筋肉の使い方が上手くなり、以前よりも運動が苦にならないと感じられるのではないでしょうか。そんな時は是非、階段をつま先立ちで登ることに挑戦してみてください。ふくらはぎが短時間で効果的に刺激されるのがわかるはずです。

いかがでしたか?どれも手軽なトレーニングばかりですよね。どの動作を行う際も、ふくらはぎを意識しながら行うとより効果があります。ぜひ日常生活に取り入れてみてくださいね。

筋トレについての記事
ダイエットについての記事

こちらもどうぞ:時間がない社会人でもできる!?効率的な筋トレメニューとは?