風邪をひいて、唾を飲み込むだけでものどが痛いということを誰しも、一度は経験していることでしょう。特にのどが弱い人は、いつも風邪をひくたびにのどの痛みに悩まされているのではないでしょうか?そんな辛いのどの痛みの治し方についてご紹介します。

のどの痛みに有効なロキソニン

喉の痛みにはロキソニンを

のどの痛みが毎回ひどいのであれば、ロキソニンが有効

ドラッグストアなどでも購入できるのでいざという時のために、ロキソニンを1つ買っておくといいかもしれません。

公式の効能にも咽頭痛と書かれている

従って当然のどの痛みに効果があります。ロキソニンがのどの痛みに効く理由は、鎮痛剤のメカニズムにあります。

鎮痛剤のメカニズムで即効性がある

痛みを抑えてくれるというもので、炎症を抑えるタイプのものではないために、即効性があります。どうしてものどが痛くても話さなければならない人などにはおすすめの薬です。


ロキソニンを使えない人に効果的な方法

喉の痛みがひどくてもロキソニンは使えない体質の人もいることでしょう。ではそのような人はどのような対策を行っていけるのでしょうか?これからご紹介する方法は、ロキソニンを使わずに出来る喉の痛みの応急処置として利用もできますし、ロキソニンと併用することによってもっと効果的にのどの痛みを鎮めることができます。

のど飴の活用

薬的要素の強いのど飴は、ロキソニンと併用するのはNGです。薬効が打ち消しあうかもしれないからです。なので、ロキソニンを使えない人は、薬的要素の強いものを使いましょう。逆にロキソニンを使用する人は、お菓子の延長のようなものを使用します。
のど飴は唾液を出して喉の乾燥を防ぐことで、喉の痛みを緩和します。そのためにのどの痛みを根本から解消はできません。

喉を温める

喉に温かいタオルを巻いて温めます。喉の血流がよくなり、喉に栄養が運ばれ痛みも軽減します。寝る時などには、のどにしっかりと何かを巻いて寝るようにしましょう。

部屋の湿度を高める

喉の痛みはのどの乾燥からも引き起こされることがあります。またこの方法は、薬と薬の相性などを気にする必要がないので、気軽に挑戦できます。加湿器で湿度を上げて乾燥をとにかく防ぎます。加湿器などがない場合は、マスクを利用してのど元の湿度だけでも挙げることができます。

食べ物で喉にいいものを食べる

はちみつ、レモン、にんにく、しょうが、ミカンなどはのどにとてもいい成分を含んでいます。そのためにこれらを積極的に摂取することで、のどの痛みを緩和できます。