パーキンソン病」という病気をきいたことはありますか?パーキンソン病は特に高齢者に多い病気として有名だったのですが、近頃では若い人にも発症するケースが増えてきているといいます。パーキンソン病とはどんな病気なのか。そして、若年性パーキンソン病の原因とは何なのか。何も知らないよりは、知っておいて損はないはずです。今回はこのパーキンソン病を分かりやすくガイドラインにしてまとめました。

どんな症状?

若年性パーキンソンとガイドライン

パーキンソン病の症状には段階があります。まず初期症状としては、手足が小刻みに震えるという現象が起こります。初めのうちは、物を取りにくくなったり、歩きにくくなったりします。ですので「あれ?なんだかおかしいな。」程度で終わってしまう人が多いのが現実です。特に高齢者ですと、歳のせいかなと片付けてしまう人もいます。

症状が悪化すると、足はますますもたつき、歩けなくなってきます。自分ひとりで歩行することはほぼ困難になってしまいます。また手も自由に動かせなくなり、食事など身の周りのこともできなくなります。手や足だけでなく、声も小さくなってしまい、思うように話せなくなる人もいます。また表情が硬くなり、感情を人に伝えにくくなるのも特徴です。パーキンソン病により、多くの人が自由を奪われていきます。

主な原因

パーキンソン病にかかってしまう主な原因は、実は今でもよく分かっていません。しかしおおよその原因は分かっているようで、遺伝や生活環境が挙げられています。

中でも特に有力とされているのが、活性酸の増加です。活性酸素は体にとってよくないもので、ストレスや加齢によって増えるといわれています。この活性酸素が増えることにより、大きな酸化ストレスが体の負担となってしまうのです。手や足の神経に影響し、自由に動きが取れなくなるのですね。

治療方法

パーキンソン病は、薬による治療が行えます効果は高いのですが、反面副作用も大きいことが指摘されています。ですのでパーキンソン病になると、まずはみなさんリハビリによる治療を受けるようです。リハビリで理学的に治療していく方法を選ぶ方が、最近では多いようですね。

若年性パーキンソン病

高齢者の病気というイメージのあるパーキンソン病ですが、10代や20代の若者もパーキンソン病にかかることがあります。主な原因は生活習慣・食生活・遺伝・ストレスなどです。睡眠不足や過度のストレスは若者に大きなダメージを与え、結果パーキンソン病を引き起こしてしまうようです。
若年性パーキンソン病は、高齢の方よりも進行が遅いことが特徴です。ですので、少しでも体に異変を感じたら病院で診てもらいましょう。早めに治療を受けることで、症状が悪化するのを防ぐことができます。自分には関係ないと思わず、このような病気について知っておくことは大切です。日頃から生活環境などに気を配ることは、病気の予防の第一歩となります。