鼻づまりと頭痛季節が冬に近づく、もしくは花粉症の季節になりますと多くの人を悩ませる事態が発生します。それが鼻づまりです!鼻づまりだけならまだ可愛い方ですが、一緒に「頭痛」も連れてくることが殆どです!冬場や花粉症の季節が来る前に是非とも鼻づまりを抑えたいですよね?

そこで今回、鼻づまりの原因と解消方法について紹介していきます。

鼻づまりを起こすとなぜ頭痛が発生するの?原因は?

まずはなぜ鼻づまりを起こすと頭痛が発生するのかを見ていきましょう。

その原因として大きく2つあります。

1. 脳の酸欠症状

人間の体内では多くの細胞があり、もちろん頭の中にある脳も多くの細胞によって構成されています。酸素を供給するために人間は口や鼻から酸素を得ますが、呼吸する鼻が鼻づまりで封じられますと体内の酸素が不足し始めます。すると脳への酸素供給が滞り、頭痛が発生しやすくなります

2.鼻の奥が炎症を起こして血管を圧迫

鼻水が出て鼻づまりが発生すると言う事は、鼻の中で何らかの炎症が発生しています。
しかも鼻と言うのは脳へ栄養や酸素を供給する血管が通っているポイントでもありますので、その血管が圧迫されますと脳へ酸素や栄養が運び辛くなります。結果、栄養や酸素が滞り頭痛が発生するのです。

鼻づまりを解消する方法は3つのポイントにあります!

鼻づまりを起こすとなぜ頭痛が発生するのかが分かったところで、今度は鼻づまりを解消していきましょう!

鼻づまりを解消するには3つのポイントを抑えましょう。

漢方薬を試してみる

特に花粉症による鼻づまりに効果的と言われています。その理由は人の中にある「抗体物質」を過剰にさせない事に有ります。人の体内に細菌やウィルスが侵入しますと必ず抵抗物質が出てきて体内を守ろうとします。

しかし花粉の場合は別段細菌やウィルスでは無いのですが、抵抗物質の中には花粉を敵と判断する事もあります。結果、花粉を追い出そうと過度の鼻水を分泌させようとするのです。漢方の場合、体内のコントロールを正常に戻す役割を持っているため、抵抗物質を抑えたり免疫力の向上に繋がるとされています。

Bスポットの治療

Bスポットとは喉ちんこの裏側にある上咽頭に直接塩化亜鉛溶液を塗る治療方法です。
上咽頭に直接薬品を塗りますので効果は抜群ですが、その分口の中に直接機材を入れたり滲みたりと言う多くの痛みが皆さんを襲います。もし「私は我慢できる!」と言うのであれば一番手っ取り早い方法です。

鼻の血行を改善する

現在であれば鼻の上にテープ状の物を貼るタイプもありますので手軽にできます。お風呂場であれば、35~37度ぐらいのお湯で蒸しタオルを作って顔全体に当てるのも効果的でしょう。

まとめ

いかがでしょうか?
多くの人は鼻づまりに悩まされていると思いますが、対策や解消させるポイントを抑えれば鼻づまりを克服できます!まだ試していないことがありましたら、ぜひとも上記を参考にしていただければ幸いです。