親知らずの虫歯の治療法「急に奥歯が痛み出した…」そんな経験はありませんか?たいていの場合、奥歯の虫歯か酷使したために歯や歯茎が傷ついている場合が多いです。しかし中には親知らずが虫歯になっている可能性があります!

では親知らずが虫歯になった際、どのように対処すれば良いのでしょうか?

親知らずを抜歯せずに治療できる場合

親知らずの状況によっては治療してそのまま残す事も可能です。

治療できる親知らずと言うのは大きく分けて2つあります。

1つが食事中、常に噛み合わせに参加している場合

噛み合わせが良い場合、別段抜歯をしなくても日常生活に支障が生じることもありませんので歯科医院によっては治療して終了になる場合があります。無闇に抜歯しますと噛み合わせが悪くなり顎を悪くすることもあります。

2つ目は周りの奥歯との兼ね合いの場合

奥歯には親知らずだけでなく多数の歯が存在しています。親知らずが虫歯になっていると言う事は少なからず親知らずに隣接している奥歯も虫歯になっている可能性があります。

その際に親知らずを抜きますと、同時に隣接している歯の神経を抜いてしまうことがあります。そうなると、隣接している奥歯の寿命が低下します。そのため、もし奥歯の環境を見て「抜かない方が良い」と判断されましたら奥歯の環境が整っていない場合があります。

親知らずの虫歯を抜歯する場合

とは言っても親知らずを抜歯した方が良い場合が殆どだと思います。では親知らずを抜歯する状況と言うのはどのような状況でしょうか?

まず親知らずが生えている方向です。

先に紹介したように常に噛み合わせに参加している整った親知らずであれば問題ありません。しかし親知らずの全てが正しい配置ではなく斜めや横から生えてきます。生えている方向によっては隣接している奥歯にも虫歯が発生しやすいため早めに処置を施しましょう。

次に親知らずの虫歯が歯茎の神経にまで達している場合です。

親知らずの根っこは特徴的で、曲がって生えている場合が殆どです。もし治療を施したとしても全てを治療する事ができず、数年後に再び親知らずが痛む可能性があります。そのため歯科医院で診断された際に神経まで虫歯が進行していましたらすぐに処置しましょう。

とは言え、親知らずを発見した場合殆どの歯科医院で抜歯を勧めてくると思います。その際には必ず親知らずを抜歯する理由を確認して抜歯するようにしましょう。

最後に

親知らずは最初「奥がムズムズする」「少し痛い…」程度ですが、虫歯になるとその痛みが増してしまいます。とは言え、親知らずの環境によっては上記で紹介したように抜歯しない方が良い場合があります。

親知らずだからと言って安易に抜歯を行わず、まずは掛かりつけの歯科医院に赴き親知らずを診断してもらいましょう。そして親知らずの状況やなぜ抜歯した方が良い、もしくは残した方が良いのか?と言う理由を聞いたうえで、どうするかを決めるようにしましょう。