インフルエンザは毎年流行し、予防接種を受ける人も少なくありません。しかしどれだけ気をつけて予防をしても、かかってしまう時にはかかってしまうものです。何もなく完治すればいいのですが、重症化するととても厄介なことになります。中にはインフルエンザ脳症を引き起こすこともありますので、注意が必要です。

予めインフルエンザ脳症を知っておけば、いざというときにも慌てずにすみますね。今回はそんなインフルエンザ脳症についてまとめました。

主な症状

子供に特に発症しやすい

インフルエンザ脳症になると、けいれん・意識障害・異常行動などの症状を引き起こします。血液の流れも悪くなってしまうので、血管がつまり、その結果臓器が動かなくなることもあります

インフルエンザ脳症になりけいれんを引き起こすのは、全体の約6~8割とも言われているようです。高熱の際のけいれんと勘違いしてしまいそうですが、不安定なけいれんが何度も続くようであれば、インフルエンザ脳症を疑ってもいいかもしれません
また意識障害は、読んでも返事をしない、あやふやな反応など、意識がもうろうとしている状態です。インフルエンザの高熱で意識がもうろうとしている場合もありますが、熱が引いたあとも意識障害が続くようであれば急いで病院に行きましょう。
そして異常行動は、人によって違うようですが、人を認識できない・幻覚や幻聴がある・突然泣いたり起こったりする、などの行動が見られるようです。文章にならないような意味不明なことを言うこともあるようで、初め家族や周りの人は驚いてしまうかもしれません。この場合も急いで病院へ行く必要があり、本人も意識のないところで行動するので、危険がないように見守りましょう。
インフルエンザ脳症の症状はkのようにとても恐ろしく、場合によってはし死に至ることもあります。少しでもおかしいと感じたら、すぐに病院に行くことが大切です。

主に子供に多く発生

医師の診断を受けましょうです。子供は体力が大人に比べて少なく、抵抗力も備わっていませんので余計に厄介です。親は、子供がインフルエンザにかかったら、最悪の場合脳症にもなるかもしれない、ということを頭においておくと、いざというときにも慌てずに対応できるのではないでしょうか。

インフルエンザ脳症を防ぐ方法は?

予防接種を受けましょう

インフルエンザ脳症の予防方法は、残念ながら今のところ分かっていません
しかし、インフルエンザの予防接種を毎年行っていれば、次第に体に免疫がついてきます。インフルエンザの予防接種をすれば脳症にはならない、ということはありませんが、症状が重くならないための予防にはなるでしょう。万が一に備えて、お子さまも小さいうちから毎年予防接種を受けると安心ですね。