膀胱炎と向き合う「最近トイレに行く回数が増えた」「排尿後に痛みや血尿が混じる」等の事がある人はいませんか?最初は誰でも「水分の摂り過ぎ」「無理して出したからかな?」と思いますが、放っておくと重大な病気に繋がる可能性があります!と言うのもその症状は膀胱炎だからです。

では膀胱炎がどのような原因で症状が発症するのか?そして治し方や治療方法について紹介していきます。もし悩まれている人は是非ともご覧になっていただければ幸いです。

原因は身近な所から?健康な人でも発症するかも!?

それでは膀胱炎がどのようにして発症するか?皆さんも一緒に見ていきましょう!

膀胱炎の大部分は細菌感染にあります。

もともと膀胱には少ないながらも細菌がおり、その細菌を膀胱内にいる抵抗する菌が免疫で細菌を倒します。そのため皆さんの膀胱は炎症を発症する事がないのです。しかし、抵抗する菌以上に細菌が増える可能性はあります。それがストレスによる抵抗力の低下、そして膀胱内へ大量に細菌が侵入することです。

ストレスが体内で溜まりますと、身体全体の抵抗力が無くなり風邪や熱を発症しやすくなります。もちろん膀胱内も同様に抵抗力がなくなりますので、抵抗する菌よりも細菌の方が多くなり結果、膀胱炎へ繋がるのです。

もう1つが健康な人でも発症するパターン、何らかの原因で膀胱内へ大量の細菌が入り込むことです。性行為や女性の場合、生理用のナプキンによって感染するケースがあります

以上のように身近な所、また健康な人でも膀胱炎になってしまうのです。

男性と女性、どっちが多いの?

膀胱炎は男性よりも女性の方が多いと言われています。その理由は男性よりも尿道の長さが短いため、そして尿道の近くに細菌の多い膣や肛門が近いためです。

尿道が短いと言う事はそれだけ膀胱に行く道が短くいので、抵抗する菌が来る前に膀胱へ大量に侵入されてしまう恐れがあります。また、先ほども紹介したとおり生理用のナプキンを利用しているため、膣や肛門から菌が尿道へ通り膀胱に侵入する可能性が高まるのです。

そのため膀胱炎は男性よりも女性の方が多いと言われています。

治るの?膀胱炎の治し方と治療方法は意外と簡単です!

「膀胱炎は治したい!でも手術は嫌だ…」と言う人は多いと思います。しかし、現在は別段治療をしなくても段階によりますが意外と簡単に治療ができるのです。

まず行われる方法が自然治療です。これは膀胱内の細菌を尿で全て出してしまうと言う方法です。やはり中には「膀胱炎だから排尿をすると痛いから水分を摂りたくない」と言う人もいますが、それは逆効果です。水分を多く摂り、排尿を促せば膀胱内に侵入した細菌を撃退する事ができるのです。

次に病院から処方される薬による治療です。処方される薬も症状によって異なり、細菌を撃退する抗菌剤、頻尿や残尿感を無くす抗コリン剤があります。また排尿時の痛みを取り除く鎮痛剤も処方される場合があります。

人によって症状が異なりますので確実に「この薬です!」と言えないのです。ですので、もし病院を訪れ自然治療でも改善しない場合は、医師と相談して薬物治療を行いましょう。

最後に

膀胱炎はそのまま放置すると腎盂腎炎と言う恐ろしい症状へ繋がる可能性を秘めています

そうならないためにも、少しでも「おかしいな…」と感じたら病院へ行き医師に見てもらいましょう。女性の場合、現在では女性の専門医が診察してくれる病院やクリニックがインターネット上で検索できますので是非とも活用していきましょう。