過敏性腸症候群通勤中の電車の中、仕事中のプレゼンや商談中に、突然お腹がゴロゴロして焦った事はありませんか?

一時的ならまだしも、何度も続く腹痛に襲われていると、常にお腹の具合が気になってしまい、プレッシャーを感じて過敏になってしまうことも。
その症状、過敏性腸症候群かもしれません。

過敏性腸症候群とは?

腸の検査や血液検査では全く異常が見られないのに、腹痛やお腹が張る不快感、また便秘などの便通異常が頻繁に起こり長く続いていく病気です。以前は過敏性大腸とも言われていましたが、小腸を含めた腸すべてに異常があることが分かって来たため、過敏性腸症候群と呼ばれる様になりました。

この病気は日本人の10~15%くらいに見られ、消化器科を受信する患者の3分の1を占めるほど患者数の多い病気です。年齢は20~40代に多く、女性の方がやや多く見られます。繊細で感受性の強い人に多く発症しやすい傾向にあるようです

原因

過敏性腸症候群は、消化管運動異常、消化管知覚過敏、心理的異常の3つが認められています。ただ、これらの症状を引き起こす原因は残念ながらはっきりは解明されていません。

ただ、現代のストレス社会において急増している病気のひとつです。時間に追われた生活によるストレス。デスクワークが増え、身体を動かさなくなったことによる自律神経のバランスの変化。自分の症状が気になりやすくなっていることも発症してしまう原因といえるでしょう。

症状

過敏性腸症候群は、主に腹部不快感と便通の異常です。腹痛の症状は発作的に起こる差し込む様な痛み、または長く持続して鈍い痛みが続くいずれかの症状です。どちらも便意を伴う事が多く、排便後には一時的に軽快するという傾向があります。また、腹部の膨満感、お腹が鳴る腹鳴、放屁のガス症状も多く見られます。

過敏性腸症候群は、便秘型、下痢型、便秘と下痢を繰り返す交代型、の3つに分類されます。男性は下痢型、女性は便秘型の症状が多いようです。

予防、改善策

過敏性腸症候群規則正しい生活が一番の改善策となります。食事、睡眠時間が日によって変わる様な生活はやめましょう。また、朝食後は便が出やすくなっているので、便意がなくてもトイレに行く習慣を付ける事が大事です。規則正しい生活を送れば、自律神経はバランスが取れた状態を保てるのでストレスにもダメージを受けにくくなります。

食事では、食物繊維を多く摂取することが重要です。食物繊維は摂取エネルギー100kcalごとに1g摂取する必要があります。

また、適度な運動も必要です。うっすら汗をかく程度の運動では自律神経が正常に戻り、バランスの良い状態になります。毎日リラックスして日々の生活に運動を取り入れましょう。

いかがでしょうか?日常生活に支障がない時はセルフケアでも大丈夫ですが、通勤通学など、日常に影響が出ている場合は早めに病院を受診しましょう。