坐骨神経痛という言葉を、一度は耳にしたことのある人も多いと思います。この坐骨神経痛、腰痛と似ているために、ただの腰痛として考える人もいます。でも放置しておくと、のちに大ごとになる可能性も秘めている病気なのです。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経とは、下半身に走るとても大きな神経です。腰部、骨盤部から足の末端にまで至る大きなものです。その神経の痛みなのですが、この神経痛の場合は痛みがビビーッと電気が走るようなピリピリ系の痛みであることが特徴です。下半身に痛みやしびれ、違和感が起こるのです。

坐骨神経痛と腰痛

ストレッチと腰痛

坐骨神経が腰から足までにかけて非常に大きな部位に走っています。そのために刺激を受ける部位によっては、腰痛であるかのように感じることもあるのです。広範囲に症状を出す可能性が高いために、ただの腰痛として片づけてしまう人もいるのです。また坐骨神経痛と併発して腰痛が起こることも多いです。腰に筋肉の緊張が見られるからです。

坐骨神経痛が進むと起こる症状

坐骨神経痛は、進んでしまうと生活に支障をきたしてしまう可能性のある重大な疾患です。たとえば、体を動かすと痛みやしびれが起こるために、前にかがめない、後ろへ体を反らせないなどの弊害が生まれます。またさらに悪化してしまうと、痛みのため歩行が困難になる、足に力が入らなくなる、座っていられなくなるなどの重大な症状を引き起こしてしまいます。神経痛によって、今までのように過ごせなくなってしまうのです。

坐骨神経痛だと思ったら

自己判断で坐骨神経痛だと思って様子を見るのは危険です。その間に症状が悪化してしまうかもしれないからです。まずは病院で受診して、検査と適切な治療を受けることを優先してください。整形外科を受診しましょう。
病院では医師の指導の下、薬剤投与や運動治療、ブロック注射、手術など、神経痛の段階によって治療が行われていきます。正しい治療で早めに治しましょう。

タダの腰痛とは思わないで!

上記で挙げたように、坐骨神経痛はとてもリスクのある疾患です。自己判断でただの腰痛だと思って、病院に行かないということはしないでください。悪化してしまってからでは遅いケースもあります。また坐骨神経痛ではないにしても、腰痛はそのほかの疾患の影響で起こっていることもあります。最善の対策として、病院での診断を一度は受けるようにしてください。ただの腰痛であれば、安心して腰痛の改善策を試して過ごすことができます。

こちらの記事も:「ヘルニアや座骨神経痛に効くストレッチ