突発性難聴難聴には大きく分けて、伝音性難聴感音性難聴の2つの種類があります。伝音性難聴で一番多い症状が中耳炎で、鼓膜を含めた組織が炎症を起こし、そのため音が伝わりにくくなります。また、鼓膜の傷、耳あかの詰まりも伝音性難聴の原因です。

対して、聴覚神経や内耳に障害があり音が聞こえにくくなる状態を感音性難聴といいます。治療が困難とされ、突発性難聴はこの部類に入ります

突発性難聴とは

ある時突然片方の耳が聞こえにくくなります。(まれに両耳同時に起こるケースもあります。)さっきまで聞こえていたのにいきなり聞こえなくなったとはっきり自覚出来ます。また、耳鳴り、めまいとともに難聴を感じることもあります。

突発性難聴は年間3~4万人が発症すると言われています。一般には50~60歳代に多く、男女差はありません。誰にでも起こりえる病気です。何らかのウイルスが原因という説と、血流が悪くなって起こるという説がありますが、原因はいまだに不明です。

症状

突然耳が聞こえなくなるのと同時に、耳鳴り、耳が詰まった感じ、めまい、吐き気を生じることがあります。めまいは半数の患者に認められますが、良くなった後には繰り返さないという特徴があります。また、突発性難聴は耳以外の神経症状は見られません。

自覚症状が劇的に現れますので、すぐに病院を受診しましょう。まったく聞こえないわけではないので、放置しがちです。しかし、この突発性難聴は感音性難聴の中でも治りにくく、治療が遅れると聴力が戻りにくくなる怖い病気です。

受診するまで、出来るなら症状が現れてから2日以内に行きましょう。2週間を過ぎてからの受診は治療の経過が悪くなるといわれます。めまいを伴う場合、内科に受信しがちですが、内科では突発性難聴の診断がつきにくいのが現状ですので、耳鼻咽喉科を受診しましょう

治療

突発性難聴

感音性難聴の治療は飲み薬が中心です。副腎皮質ホルモン薬(ステロイド剤)、利尿薬、ビタミン薬、血流改善薬などが使われます
突発性難聴の発症前には精神的、肉体的疲労、ストレスを感じている患者が多いので、心身ともに安静にしてストレスを解消させる事が重要となります。難聴の程度によっては入院が必要となることもあります。

経過

治療をすると徐々に聴覚が回復して難聴が良くなります。ただ、回復までは個人差がかなりあり、急速に回復する場合、時間がかかる場合など様々です。
回復には先にも述べましたが、治療開始のタイミングが関わっているといわれています。難聴発生してから2週間以上経過してからの治療は回復が遅くなる可能性があります。

きちんと治療をすれば、ほとんどの場合聴力は戻ります。また、突発性難聴はほとんど再発しないため、難聴が繰り返し起こる場合は別の病気である可能性が高いです。

まとめ

突発性難聴の患者は増加していると言われています。原因がはっきりしていないため、予防が難しいですが、ストレスが関わっている可能性が高いと言われています。ストレスは様々な病気の原因になりますので、ストレスを日々コントロール出来るように勤めましょう。